ホーム コラム一覧 【ニキビ】化粧品の年代別の選び方 人気だけでなくお肌・毛穴の状態に合った美容液を

【ニキビ】化粧品の年代別の選び方 人気だけでなくお肌・毛穴の状態に合った美容液を

「基礎化粧品はどうやって選べば良いのだろう」とお困りではありませんか?基礎化粧品を選ぶ際、人気の商品や、口コミが多い商品を選ぶ方も多いと思います。人気や口コミで選ぶのも良いですが、ご自身のお肌に合った基礎化粧品を選ぶことが大切です。

お肌のお悩みは、大人ニキビや毛穴の開きなど、年齢とともに変化していくからです。こちらでは、大人ニキビにお悩みの方向けの商品を販売中のいいお肌.jpが、年代別の基礎化粧品の選び方をご紹介します。

年代別・基礎化粧品の選び方:20代編

頬に手を当てる女性

20代の場合、20代前半と20台後半ではお肌の状態は違います。そのため、基礎化粧品の選び方も異なりますので参考にしてください。

20代前半の場合、肌の水分や油分が多く代謝も良いため、保湿力があり、油分の少ない基礎化粧品がおすすめです。20代後半になると、乾燥や日焼けによるダメージでシミ・シワなどがあらわれてきます。また、あごまわりやフェイスラインにニキビができやすくなります。

そのため、保湿成分以外に「シミ・そばかす予防」「ニキビ予防」を追加した基礎化粧品がおすすめです。また、体調や季節、お肌の状態に合わせて基礎化粧品を使い分けると、より良いです。

年代別・基礎化粧品の選び方:30代編

基礎化粧品を手に持った女性

30代になると、毛穴の詰まりに加えて、「たるみ毛穴」に悩む方も増えてきます。加齢によって徐々にお肌の弾力が失われることで、肌がたるみ、毛穴の開きが目立ってしまうのです。

また、年齢を重ねるとともに、お肌のターンオーバーの周期も徐々に長くなっていきます。古い角質がお肌の表面を覆うことで、肌のくすみも感じやすくなります。

たるみ毛穴やくすみのないお肌を目指すには、十分な水分が必要です。保湿成分が含まれた基礎化粧品を使用して、お肌にハリと弾力を与えて、キメを整えるように心がけてください。

年代別・基礎化粧品の選び方:40代以降編

40代に入ると、女性ホルモンの分泌量が減少し、真皮層にあるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸も減少していきます。お肌のハリや弾力を保つ役割をもつコラーゲンやエラスチン、お肌に水分を蓄えてみずみずしさを保つ役割をもつヒアルロン酸。これらの生成が減少することで、小じわやたるみが目立ち、お肌が衰えたような印象を与えてしまうのです。

さらに、30代よりもお肌のターンオーバーの周期が長くなるため、シミが気になる方も増えてきます。40代のスキンケアは、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が減少しているということを意識しながら、お肌の変化に合わせて、基礎化粧品も変えるようにしてください。

人気だけじゃない!毛穴の開きやニキビを防ぐには基礎化粧品(化粧水や美容液など)選びを重視

年代によって使用する基礎化粧品が異なりますので、以下にまとめました。

  • 20代前半:保湿成分、油分は少なめ
  • 20代後半:保湿成分、シミ・そばかす予防、ニキビ予防。体調や季節・お肌の調子に合わせて美容液を変えること
  • 30代:たるみ毛穴やくすみのないお肌を目指して保湿を重視
  • 40代:ハリ・弾力ケア、お肌を柔らかくするもの、乾燥対策、お肌の変化に合わせて美容液を変えること

「毛穴の開きが気になる」「繰り返しニキビができてしまう」という方は、人気や口コミだけに注目するのではなく、年代やご自身のお肌に合った基礎化粧品を使って、スキンケアするようにしてみてください。

いいお肌.jpでは、大人ニキビ対策に役立つ商品をご提供しています。商品の詳細は、こちらからご確認ください。

ニキビに化粧品をお探しならいいお肌.jpへ

会社名 株式会社アクネメディカル
サイト名 いいお肌.jp
運営統括責任者 井上浩三郎
住所 〒182-0024 東京都調布市布田1丁目40−3
電話番号 042-484-1584
E-mail info@e-ohada.jp
URL https://www.e-ohada.jp/
ページトップへ戻る