ホーム コラム一覧 おすすめはニキビ痕ができる前のケア ニキビ痕の種類と原因 薬用化粧品・美容液をお探しの方

おすすめはニキビ痕ができる前のケア ニキビ痕の種類と原因 薬用化粧品・美容液をお探しの方

大人ニキビができてしまったら、痕が残らないかという点が、気になるところです。「昔よりも代謝が衰えているから」と諦めていませんか?正しくケアすることで、ニキビ痕は残りにくくなります。ここでは、化粧品(美容液や化粧水など)を販売中のいいお肌.jpが、ニキビ痕の種類と原因、ニキビ痕を残さないおすすめの方法についてご紹介します。

ニキビ痕の種類と原因

ニキビ跡の肌

せっかくニキビが治っても、痕が残ってしまっては、素肌に自信が持てなくなってしまいます。どうしてニキビは痕になってしまうのでしょうか?その原因と種類を見ていきましょう。

赤いニキビ痕

表面のニキビは治ったものの、内部ではまだ炎症が続いている状態です。そのまま放置していると化膿してしまい、周囲がうっ血し、赤みが残ってしまうことがあります。血管が拡張し、増圧しているので赤くみえます。

茶色のニキビ痕

ニキビ自体は治まったものの、肌が色素沈着を起こしています。炎症や化膿でニキビが悪化すると、肌細胞を守るためにメラニンは大量に生成されます。ニキビ肌はターンオーバーが乱れているので、メラニンが肌に残ってしまい、茶色くなってしまうのです。

紫色のニキビ痕

茶色同様に色素沈着を起こしています。こちらの場合は、炎症や化膿によって毛細血管が破壊されて出血し、血中のヘモグロビンによって紫色になります。

クレーター状のニキビ痕

ニキビが治っても肌がクレーター状に凹んでしまっている状態で、陥没瘢痕(かんぼつはんこん)とも呼ばれます。ニキビが炎症や化膿で悪化し、肌の奥にある真皮にまでダメージが及んだ場合に起こりやすく、肌のハリや弾力を失い、自然に再生や回復ができない状態です。

ニキビ痕を残さないためのおすすめの方法

ニキビ跡を気にしている女性

ニキビができてしまったら、痕を残さないために何をすべきでしょうか?

ニキビ痕を残さないためには、お肌のターンオーバーを整える必要があります。ターンオーバーの正常化には、次のことに気をつけるのがおすすめです。

肌を保湿する

とにかく肌を乾燥から守りましょう。洗顔後はすぐに化粧水で水分を補給し、乳液や美容液で水分が蒸発しないように、潤いを閉じ込めます。ケアの際は、叩いたりこすったりするのではなく、優しくそっと触れるくらいにしましょう。

なるべく刺激を与えない

手でこする以外にも、紫外線や乾燥などの外的刺激からお肌を守るようにしてください。UV(日焼け止め)ケアや保湿など、細かなケアを意識することをおすすめします。成分にもこだわりましょう。

食生活を見直す

肌のターンオーバーの正常化を目指すなら、お肌によいビタミンCや食物繊維を摂取するのがおすすめです。ついつい食べてしまいがちな、動物性脂肪や精製された砂糖を多く含むものなどは、極力避けるようにしましょう。また、大食いや早食いは胃に負担をかけ、消化吸収の妨げとなり、栄養が上手く吸収されません。食事は、適量をよく噛んで食べるように心がけてください。

眠りの質を上げる

人は眠っている間に、成長ホルモンが分泌され、肌の再生を促します。忙しいからと睡眠時間を削ったり、寝る直前までスマホをさわったりしていては、質のよい睡眠をとることはできません。少なくとも睡眠の1時間前にはパソコンやスマホの操作はやめて、照明を暗くし、神経を休ませることでリラックスしましょう。

通販で化粧品(美容液や化粧水など)を購入したい方はいいお肌.jp

ニキビ痕の種類と原因、ニキビ痕を残さないためのおすすめの方法をご紹介しました。ニキビ痕を残さないためには、生活習慣や食生活を整える必要があります。また、肌への刺激をできるだけ避けて、たっぷりと保湿することも大切です。

そしていいお肌.jpでは、「ニキビ痕」に特化した相澤メソッドラインをリリース予定です。2019年下旬頃より販売する予定ですので、楽しみにしていてください。日々の肌のケアに、いいお肌.jpの化粧品(美容液や化粧水など)を活用しませんか?いいお肌.jpでは、化粧水や美容液、洗顔料などを販売しています。薬用化粧品もありますので、お好きなタイプをお選びください。

ニキビにおすすめの洗顔料をお探しならいいお肌.jpへ

会社名 株式会社アクネメディカル
サイト名 いいお肌.jp
運営統括責任者 井上浩三郎
住所 〒182-0024 東京都調布市布田1丁目40−3
電話番号 042-484-1584
E-mail info@e-ohada.jp
URL https://www.e-ohada.jp/
ページトップへ戻る